FC2ブログ

Ubuntu 12.04をUSBメモリにインストール

USBメモリにUbuntu12.04をインストールしたときのメモ。
またここを参考にさせていただいた。

どんなときに有効なのかよくわからないけど、VMware Playerを利用して、Windows上から行う。

自分は
 ・光学ドライブ不要
 ・間違えてハードディスクのWindowsを消しちゃう心配が無くて安心
 ・PC一つしか無くてもホストOSからマニュアルとか見ながら作業できて安心
ということが利点なのかなと思う。


1. isoイメージを入手

ここから日本語リミックス版をダウンロードした。


2. VMwarePlayer を起動し新規仮想マシン作成
ubuntu12_04toUsb_02.jpg


3. "後でOSをインストール"を選択
ubuntu12_04toUsb_03.jpg


4. ゲストOSの選択
"ゲストOS"は"Linux"を選択し、"バージョン"は"Ubuntu"を選択
ubuntu12_04toUsb_04.jpg


5. 仮想マシンの名前

"仮想マシン名""格納場所"は自由に変更
ubuntu12_04toUsb_05.jpg



6. ディスク容量の指定

変更なし。

ubuntu12_04toUsb_06.jpg

7. 仮想マシンを作成する準備完了

"ハードウェアをカスタマイズ"から任意で変更

今回は
メモリ:2048MB
フロッピー:削除
プリンタ:削除

ubuntu12_04toUsb_07.jpg


8. 仮想マシン設定の編集

"Ubuntu12.04"を選択し"仮想マシン設定の編集"

ubuntu12_04toUsb_08.jpg


9. 仮想マシン設定

"ハードディスク(SCSI)"を削除し"追加"

ubuntu12_04toUsb_09.jpg


10. ハードウェアの種類

"ハードディスク"を選択

ubuntu12_04toUsb_10.jpg



11. ディスクの選択

"物理ディスクを使用"を選択

ubuntu12_04toUsb_11.jpg


12. 物理ディスクの選択

"デバイス"は"PhysicalDrive1"を選択し、"使用方法"は"ディスク全体を使用"を選択

USBメモリが複数刺さってると"PhysicalDrive2"とかも表示される。
間違えると厄介なので使わないものはあらかじめ抜いておいたほうが良さそう。

ubuntu12_04toUsb_12.jpg



13. ディスクファイルの指定

デフォルトままにしておく

ubuntu12_04toUsb_13.jpg


14. 仮想マシンの設定

"CD/DVD"に"ISOイメージファイルを使用する"を選択し、ダウンロードしたUbuntu12.04の ISO ファイルを指定

ubuntu12_04toUsb_14.jpg


15. 起動

VMwarePlayer のホーム画面から"Ubuntu12.04"を選択し"仮想マシンの再生"
※この時、VMwarePlayer の window 内をクリックし、F2を押して BIOS 画面を起動する

ubuntu12_04toUsb_15.jpg


16. Boot

"Boot"画面の"Hard Drive"と"CD-ROM Drive"を入れ替える
("Hard Drive"を選択し"-"を押す)

"Exit"から"Exit Saving Changes"を選択し、boot する

ubuntu12_04toUsb_16.jpg


17.
日本語を選んで"Ubuntuをインストール"
ubuntu12_04toUsb_17.jpg


18.
"続ける"

ubuntu12_04toUsb_18.jpg


19.
"続ける"

ubuntu12_04toUsb_19.jpg


20.
"インストール"

ubuntu12_04toUsb_20.jpg

21.
"インストール"

ubuntu12_04toUsb_21.jpg

22.
住んでる場所を選んで"続ける"

ubuntu12_04toUsb_22.jpg

23.
キーボードを選んで"続ける"

ubuntu12_04toUsb_23.jpg


24.
ユーザ名とか入れて"続ける"

ubuntu12_04toUsb_24.jpg

25.
待つ。

ubuntu12_04toUsb_25.jpg

26.
完了。 仮想マシンをシャットダウンする。
Ubuntuが起動するUSBメモリが出来てるはずなので、USBメモリからOSを起動できるPCに差して起動する。

ubuntu12_04toUsb_26.jpg


ドライバとかをインストールする場合は仮想マシンを再起動後にUbuntuソフトウェアセンターからインストール。
指示通りに仮想マシンを再起動すると、またisoイメージかインストーラが起動してしまうので、
isoイメージをアンマウントする。
スポンサーサイト



テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Ad
プロフィール

devbeginner

Author:devbeginner
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR